Let the River Run

日本ではドラマ「HOTEL」に使われていますが、本家は映画ワーキングガールの主題歌でした。この映画を見た時「(成功が何かも知らない時に)成功ってこうやって作るんだ、かっちょいー」とか思って感化された曲です。でもリズムは大好きです。

日本語は白鳥英美子さんや島田歌穂さんカバーが有名で歌詞もシンプルですが、本家の歌詞は聖書物語を知らないと理解しにくい歌詞です。


追記:オリジナルアルバムのリンク切れを確認し、代替リンク(アコースティックバージョン)にしました。(2017.09.16)

個人的には際どい表現の歌詞だと思います。この映画のストーリーはウォール街で出世街道をひた走るぺーぺー女性社員のサクセスストーリーですが、その主題歌がこの曲ということで「金融街のマネーの権化みたいな街に神の幸あれ」みたいな印象の曲です。ただ日本版でも好きな方が多いようにメロディーやリズムに引っ張られますね。20代の頃にはよく聴きました。伸び伸びと歌い上げる歌手の歌は元気でますよね。カーリー・サイモンさんの口の大きさにもビックリではありますが。それよりも驚くのがメラニー・グリフィスさんの老けっぷりですが。

この動画みたいなアレンジが合う曲ですよね。アメリカ人も好きな曲だと思います。YouTubeで探せば鳥肌ものの映像が続々とでてきますね。ちなみに日本のカラオケでは見たことがない曲です。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!