夜明け~ふるさと

古典に風穴を開ける人の一人ですが、最初聴いた時はヒーリング曲?と思いきや、だれでも自分の田舎を思い出す「ふるさと」でした。タイトル通り夜明け、そしてふるさと。こういうアレンジも素敵です。


なんでこの曲を聴くと故郷を思い出すんでしょうね。「兎追いし」なんて時代ではなくなっているのに。改めて3番の歌詞が身にしみます。「こころざしをはたしていつの日にか帰らん」。志が大事なことさえ見失いつつある。いかんいかん。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!