港が見える丘

この曲って横浜のあの墓地あたりから眺める景色を歌った曲かどうかは知らないのですが、平野愛子さんのレコード音に親しんでいたので勢いで買ったアルバム。とてつもなく単調なメロディなのに昭和に吸い込まれる一曲です。


横浜って日本の中でも独特の雰囲気を持っているように感じるのは地方人の僻みか。この時代のメロディは似たようなものが多いですが、それこそが戦後昭和な感じで好きです。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!