虹の都へ

これも若き頃の青春ソングです。当時も今も覚えているサビは「君と僕はいつでもここで会っているのさ、太陽しか知らない二人だけの秘密」という部分なんですが、全体の歌詞は意外と深い内容だったことに気づいたのはつい最近のこと。

「君を変えるのは君だけさ、自分の中に宇宙があることに気がつけばきっと」とか歌詞を一切気にもせず鼻歌していました。


スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!