ふり向くな君は美しい

昭和40年代生まれのスポ根生活を送っていた人の懐メロでしょうか。全国高等学校サッカー選手権大会の大会歌で昭和フレーズ満載です。まだプロサッカーが程遠い頃に海外のプロは「皇帝」「将軍」「神様」「神の子」とか凄いニックネームばかりで「サッカーって凄いスポーツなの?」とか思ってた時代の曲。

歌詞が青春ど真ん中で、ある意味清々しいぐらいです。メロディは闘志剥き出しな感じですが歌詞は「負けて悔いなし」みたいな真逆な内容がいいですよね。「戦いに敗れても」とか「くやしさにふるえても」とか。なんといっても「うつ向くなよ、ふり向くなよ、君は美しい」のリフレインが耳に残ります。本当に青春な曲です。

これが懐かしいと思うんですから歳をとってます…確実に。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!