小さい秋見つけた

誰でも一度は聴いたことがある名曲。季節柄いろんな場所で流れています。元々はサトウハチローさんが櫨(ハゼ)の木を眺めながら書かれた詩らしいのですが、メロディを作った中田喜直さんの方が気になります。秋でこのメロディに辿り着く感性。


しつこいぐらいのリフレインですよね。本当はもう少しスローテンポで哀愁が漂うアレンジが好きですがアカペラは少ないので取り上げてみました。それにしても櫨(ハゼ)の木の紅葉も素晴らしい色ですね。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!