クリスマスキャロルの頃には

だんだんこの手の曲が流れ始める季節です。オジサンが20歳の頃にブレイクした曲。ホームワークというテレビドラマの主題歌。YouTubeに動画が出てますね。

若かりし日の福山雅治が出ています。


なんとなくボッサを買ったのですがオリジナルには敵わないですね。作詞が秋元康さんですが、この歌詞がどこまでもしみったれた男心を表現しています。「お互いをわかりすぎていて心がよそ見できないのさ」とか「近すぎて見えない支えは離れてみればかわるらしい」とか。こういう言葉の紡ぎ方は流石だなぁと思います。


スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!