the last emperor

誰でも知っている坂本龍一教授のラストエンペラーですが初めて聴いたときは鳥肌が立ちました。映画そのものも重いですがそれに輪をかけて重い曲。

愛新覚羅溥儀の幼少期のストーリーだけでこの曲を聴いてもピンときませんが全人生を知るとピッタリの曲だと思います。こういう曲を作っちゃうところが教授の教授たるゆえんですね。時々思い出して聴きたくなる曲です。

二胡の哀愁たるや…今聴いても鳥肌です。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!