Barua

3年ぐらい前(だったと思う)に流行った曲でタワーレコードの店員さんに教えてもらって買った曲ですが、なんとも心地よいケニア産レゲエ的ポップス。

この方、たぶん今25歳ぐらいだと思いますが孤児院で育って苦労してる方なんですね。一般的には歌詞がそっち系なのでゴスペルシンガーと言われてますがリズムだけ聞けばアフリカンレゲエのような印象です。当時教えてもらったことをそのまま書くと「Siku Ya Kwanza」という曲で認められたんだとか。それをアルバムで買ったのですが、結構世界ウケしそうなセンスだと感じます。例えが難しいですが「矢沢永吉さんが英語が喋れたら世界で認められる要素はあると思う」的な方に感じました。若いからまだまだこれからですよね。


たぶん剥がれないであろうオフィシャル貼っときます。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!