アルバムで買った曲一覧

NO IMAGE

120 Bill Evans’ Essentials (Remastered Version)

以前にアンドレ・プレヴィンのお得なアルバムをメモったのですが、そのパターンでビル・エヴァンズの120曲が詰まったお得なアルバム。そのお値段、なんと750円。1曲62.5円也!サンプル試聴だけで1時間かかりますよ!120曲全て聴くのに10時間42分。朝から晩までビル・エヴァンズに浸れます。なんとなく秋の季節になるとしっとりとした曲が聴きたくなります。

NO IMAGE

I Let a Song Go Out of My Heart

ゴリゴリ系ジャズから離れるとこういうのを選び始めるわけですが、ジャズというよりは多才な方でご存命。こんなに安くていいのかという1枚。100曲で750円ですから1曲7.5円!ありがたい。アート・ブレイキー的な雰囲気に浸りたい時もあれば、ビル・エバンズ的な大人しめしか受け付けない日もあって、そういうピアノ系ジャズで落ち着きたいときによく聴きます。

NO IMAGE

kaite

日本人にとってルンバと言えば西田佐知子さんの「コーヒールンバ」的音楽とかダンスを思い出しますが、それはキューバ発祥のルンバ。今日はアフリカのコンゴ発祥ルンバです。ただ、リンガラ語圏では「リンガラ」とも言われています。つまり「リンガラ=ルンバ」です。で、この踊りを「スークース」と称すことがあって、つまり「リンガラ=ルンバ=スークース」で通じたりします。というか、最近だと日本では掃除機の印象が強いですが...。この音楽は腰フリダンスがお下品で物議をかもす曲が多いのですが、本日はしっとりソフト系で...。

NO IMAGE

Love again

久しぶりにiTunesの「アルバム1300円以下」をクリックしたらシティーハンターみたいなアルバムジャケットを見つけ「なんじゃこりゃ」と思ってクリックしたらglobeでした。この辺りもドンピシャ世代ではありますが、印象が薄く自分のライブラリを見ても一曲もありませんでした。印象に薄いから曲を持ってないのですが、このアルバムを上から順番にクリックすると半分ぐらいは聴いたことがある曲ばかりで自分でもビックリ。確かに1995-2000年辺りでglobeの曲に触れてます。順番に聴いて一番気になったのがLove again。なんで気になったのかよくわからず。しかし販売価格900円。全30曲。1曲30円。ポチりました。

NO IMAGE

Diamond Platnumz – Marry You ft. Ne-Yo

アフリカの曲は、ベース(DNA)としてゴスペル系が多いのですがメロディだけ聴くとポップすぎて「これって...どっち系の曲なの」と思うことがありますが、タンザニアで人気といえばDiamond Platnumzです。勝手なアフリカンボイスの先入観を壊してくれる「か細い震えるような声」が斬新で人気。

NO IMAGE

Barua

3年ぐらい前(だったと思う)に流行った曲でタワーレコードの店員さんに教えてもらって買った曲ですが、なんとも心地よいケニア産レゲエ的ポップス。この方、たぶん今25歳ぐらいだと思いますが孤児院で育って苦労してる方なんですね。一般的には歌詞がそっち系なのでゴスペルシンガーと言われてますがリズムだけ聞けばアフリカンレゲエのような印象です。当時教えてもらったことをそのまま書くと「Siku Ya Kwanza」という曲で認められたんだとか。それをアルバムで買ったのですが、結構世界ウケしそうなセンスだと感じます。例えが難しいですが「矢沢永吉さんが英語が喋れたら世界で認められる要素はあると思う」的方に感じました。

NO IMAGE

Up Jumped Spring

いろんなジャズを聴き始めても他人が有名って言うだけで自分の好みがさっぱりわからない頃に聴き始めたマスターピースシリーズ。こんなに安くていいのかというお得な商品。このシリーズは幾つかあって沢山聴いてるうちに「こーゆーのが好き」となってくると思います。

NO IMAGE

異邦人

久保田早紀さんの名曲で、私より5-10歳年上の方が懐かしく思う曲だと思います。タイトルのまんまなイントロが印象的で、更に「子供達が空に向かい両手を広げ」という歌詞が「ん?一体なんの曲?」と思わせたような気がします。なんとなく意味深なイントロに意味深な歌詞。もちろん久保田早紀さんがお綺麗というのは言うまでもありません。

NO IMAGE

赤とんぼ

愛子節で有名な森山愛子さんの赤とんぼ。この赤とんぼの歌唱力には恐れ入りました。この方、とてもお若いのにキャラも冴え渡る感性の持ち主で大好きです。どの曲も共通して感じるのは女性で高音だと美声でも軽く感じることが多いのに、しっかりと重さを感じる点。歌唱力があるというのはこういう方のことを指すんでしょうね。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!