ジャジー(Jazz)な曲一覧

NO IMAGE

120 Bill Evans’ Essentials (Remastered Version)

以前にアンドレ・プレヴィンのお得なアルバムをメモったのですが、そのパターンでビル・エヴァンズの120曲が詰まったお得なアルバム。そのお値段、なんと750円。1曲62.5円也!サンプル試聴だけで1時間かかりますよ!120曲全て聴くのに10時間42分。朝から晩までビル・エヴァンズに浸れます。なんとなく秋の季節になるとしっとりとした曲が聴きたくなります。

NO IMAGE

I Let a Song Go Out of My Heart

ゴリゴリ系ジャズから離れるとこういうのを選び始めるわけですが、ジャズというよりは多才な方でご存命。こんなに安くていいのかという1枚。100曲で750円ですから1曲7.5円!ありがたい。アート・ブレイキー的な雰囲気に浸りたい時もあれば、ビル・エバンズ的な大人しめしか受け付けない日もあって、そういうピアノ系ジャズで落ち着きたいときによく聴きます。

NO IMAGE

はじまりはここから

これも最近のトレンドかもしれません。しっとり聴かせるというよりは攻めるジャズ。クラウドファンディングでも話題になった方ですが、恐ろしく感性の鋭い方なのにいつも笑顔の印象。演奏を楽しんでいるとしか思えないのに技でも魅せる方。音楽もAIが作る時代ですけど、それに立ち向かうかのような感じがします。こういう曲って元気がないときは手を出さないタイプですが、頑張って聴いてるとなんとなく元気が出てくるから不思議です。

NO IMAGE

Up Jumped Spring

いろんなジャズを聴き始めても他人が有名って言うだけで自分の好みがさっぱりわからない頃に聴き始めたマスターピースシリーズ。こんなに安くていいのかというお得な商品。このシリーズは幾つかあって沢山聴いてるうちに「こーゆーのが好き」となってくると思います。

NO IMAGE

恋人よ

ご存知五輪真弓さんの名曲ですが「恋人よ、側にいて」という歌詞はシンプルながらストレートな本音を炸裂させる名台詞。しかも「凍える私のそばにいて」というのは女心の最たる表現。それがあのメロディーに乗るとジワ〜っときます。ご本家の歌が最高に良いですが、それを今の時代の豊かな感性でジャジーに歌ってくれると、それはそれで痺れるメロディーに変身する曲で「こういう才能に恵まれるというのも羨ましいなぁ」と思いつつ聴く曲です。

NO IMAGE

Misty

30代後半からJazzも聴くようになりました。それまでは有名な曲しか知りませんでしたが、隠れた名曲もあったりしてハマりました。黒人のリズム感は地球上で最強じゃないですかね。リズム、テンポ、メロディなど日本人では及ばない感性だと敬服です。子供が踊ってる動画とかにも驚かされます。

NO IMAGE

Tenderly

ジャズの名曲以外の曲を知りたくて漁ったお得シリーズのチェット・ベイカー。15曲で500円って!「1曲33円でいつでも聴けるってどんな時代なんだ」というありがたいアルバム。若い頃はジェームズ・ディーンに似た色男。本当によく似ていました。ジェームズ・ディーンがリアルタイムで思い出の方はバブル世代ですかね。ほんに男前な若者でした。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!