人生を感じる曲一覧

NO IMAGE

ヨイトマケの唄

いわゆるかつての放送禁止歌ですが1966年は私も生まれていません。昔は思考が単純で差別を助長するという法則を発動して更に差別を助長した時代。この歌が解禁されたのはオジサンが社会に出る頃。それまでは本当に存在すら知りませんでした。心に沁みる歌詞です。

NO IMAGE

あはがり

いつだったか都会でランチ中に流れていて買った一曲。後日NHKの「新日本風土記」のテーマ曲だと知って驚いた一曲。歌詞の意味がさっぱり分からないのにおばあちゃんが歌っている声に惹かれます。奄美民謡を現代風にアレンジした感じでしょうか。歌詞の意味は久しぶりの超絶意訳で「この世を精一杯生きなさい」みたいな感じです。歌詞の意味も分からないのになんとなく気になる曲だから不思議です。

NO IMAGE

生まれてはじめて

アナ雪にも乗っかってました。神田沙也加さんの声がママにそっくりで買った曲です。ファルセット気味な声が裏返る瞬間は目を閉じて聴いてると騙されます。当たり役であったこともあるでしょうが、ミュージカル系はママを超えたんじゃないですかね。とかく親の七光りとか言われるほど大御所なママですが、さすがのDNAと感じた曲です。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!