昭和を懐かしむ曲一覧

NO IMAGE

ヨイトマケの唄

いわゆるかつての放送禁止歌ですが1966年は私も生まれていません。昔は思考が単純で差別を助長するという法則を発動して更に差別を助長した時代。この歌が解禁されたのはオジサンが社会に出る頃。それまでは本当に存在すら知りませんでした。心に沁みる歌詞です。

NO IMAGE

異邦人

久保田早紀さんの名曲で、私より5-10歳年上の方が懐かしく思う曲だと思います。タイトルのまんまなイントロが印象的で、更に「子供達が空に向かい両手を広げ」という歌詞が「ん?一体なんの曲?」と思わせたような気がします。なんとなく意味深なイントロに意味深な歌詞。もちろん久保田早紀さんがお綺麗というのは言うまでもありません。

NO IMAGE

この広い野原いっぱい

森山良子さんも数奇な運命の方ですね。子どものころに時々聴いていたせいか大人になっても時々聴きたくなることがある歌手の一人です。爽やかなメロディーですが深い歌詞。私が見るもの聞くものを全部あげるから手紙をくださいという歌詞。森山良子さんの優しい声だから明るく聴くことができるんだと思います。大好きな曲です。

NO IMAGE

シルエット・ロマンス

橋純子さんの代表曲ですね。もっとしっとりとスローで聴かせるものを探しているのですがなかなか出てこないですね。滅多に行かないカラオケに歌の上手な女性が参加されてたら絶対にお願いするのがシルエット・ロマンスです。やはりご本家の気だるい歌い方が印象的。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!