演歌(的)な曲一覧

NO IMAGE

心凍らせて

滅多にお付き合いすることのないカラオケに連れ出されて演歌のリクエストがあると歌う確率の高かった高山厳さん。作詞が荒とよさんだから胸にズキンと刺さるわけですよ。コテコテ演歌ではなくソフト演歌みたいな印象を受けるのは高山厳さんの優しい声質にあるんでしょうかね。

NO IMAGE

赤とんぼ

愛子節で有名な森山愛子さんの赤とんぼ。この赤とんぼの歌唱力には恐れ入りました。この方、とてもお若いのにキャラも冴え渡る感性の持ち主で大好きです。どの曲も共通して感じるのは女性で高音だと美声でも軽く感じることが多いのに、しっかりと重さを感じる点。歌唱力があるというのはこういう方のことを指すんでしょうね。

NO IMAGE

氷雨

こういう曲を聴きながら酒が旨いとか言いだしたら老化です。さすがに70年代生まれでこっち系が好きな人は人生経験からして少ないと思いますが歳をとるとこういう曲が身に沁みます。元々は佳山明生さんの曲ですが、私が中学生の頃に再ヒットした曲。オジサンがまだまだガキで大人の世界など知る由も無い年齢ですが......

NO IMAGE

北の宿から

もう42年前の曲なんですね。紅白歌合戦に出てくる都はるみさんを応援していた祖母の姿を思い出します。この歌詞がツッコミどころ満載というのは横に置いておき、そういう情景を思い浮かべることができる歌詞というのがすごいですよね。それにしても「あなた死んでもいいですか」とか過激な歌詞ですよね。

NO IMAGE

無言坂

香西かおりさんの声も好きですが、やはりオリジナルを玉置浩二さんで聴くと印象が全く変わります。どちらもすごい歌唱力なんでしょうね。香西かおりさんの代表曲として記憶するぐらいですからある意味どちらもオリジナルです。なんといっても「帰りたい、帰れない」のフレーズは耳に残ります。というか玉置浩二さんは全ての全歌手を食って自然に自分のワールドに取り込んで代役が勤まるという類稀な方。最近よく聞きます。新しいアルバムを買わずにはいられない。

スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!